女の子なら誰もが憧れた!アタックNo.1とエースをねらえ!の魅力

こずえの無二の親友早川みどり!二人は何処へ行くも一緒だった!

早川みどりは、第2のヒロインと言えます。その理由はこずえと一緒に行動を共にする無二の親友だからです。ですがこの2人最初は、とても確執がありました。

早川みどりは、こずえが新キャプテンに就任したばかりの頃、富士見学園に転校してきました。バレーの能力はこずえと五分五分の差。ですがみどりはお金持ちの1人娘で、我儘な所がありました。何でも自分の思い通りにならないと済まない性格です。

ですから女王様気取りなので、チームメートからは嫌われ者の存在。挙句の果てには、こずえにキャプテンの座を自分に譲れとの何とも無謀なことまでしでかす始末です。

「私がキャプテンにならないとこのチームはやっていけないわ!」と軽々とこずえからキャプテンの座を奪い取り、みどりは自分の指揮でチームをまとめようとします。さすがにいくらお嬢様でもここまでやるとチームメートたちも呆れるどころか、怒り心頭です。

初めての地区大会で、キャプテンになったみどりは、こずえより目立とうとして個人プレイに走ってしまいます。大事な試合中なのに、みどりとこずえは喧嘩をしてしまい、とうとう試合には負けてしまいました。

本郷先生の厳しい言葉や、こずえがバレーをやるにはいかにチームワークが大事かと言うことを聞かされて、みどりはそこで改心し、こずえと和解出来ました。そこから2人は素晴らしいアタック・コンビとして富士見学園バレー部のメイン選手と成長していきます。

チームメートとして、そして親友となったこずえとみどりは、今後バレー人生を共に歩んでいく同士として、切っても切れない間がらになりました。でも親友って本当にいいですよね。困った時、お互いに助け合い、嬉しいときは分かち合えることが出来ます。

人間一生のうち、親友の存在は絆が切れない限り、いつまでも続きます。

そしてこずえとみどりは、世界ジュニア選手権日本代表の11人のメンバーの中に選ばれます。ここからは本郷先生のコーチを離れて、猪熊コーチの元で特訓を受けることになります。ですがこの猪熊コーチは、本郷先生以上に厳しいスパルタ式で11人の選手たちを特訓します。もうそれは男子選手レベル以上のしごきようで、逃げ出す選手が出てしまうほどでした。

ここでもこずえはキャプテンとなり、チームメートをまとめようと頑張ります。勿論みどりはそんなこずえを助けてくれます。

オールジャパンのチームメートたちは色んな人物が登場しますが、中には「バレーが憎い!」と言って頑な心を持った少女がいて、こずえやみどりに反感をかったり、困らせたりすることが多々ありました。そして喧嘩になったりしてこずえやみどりは悩みました。

でもこずえのキャプテンとしての誇りは、今後オールジャパンのチームを引っ張っていくこととなり、やがてチームメートの心が1つとなって、世界へ羽ばたくことが出来ました。

そして世界選手権が終わって、2人は高校進学を控えていました。こずえは実業団のバレーチームからスカウトをされましたが、結局富士見高校へ進学することとなり、親友のみどりも同じ高校へ進学することになりました。

ここでも2人はバレー部に入部、先輩の嫌がらせにも負けることなく、バレーに賭ける青春は続きました。