女の子なら誰もが憧れた!アタックNo.1とエースをねらえ!の魅力

選手に厳しくも愛情ある本郷先生!こずえ達の尊敬するコーチだ

こずえが富士見学園バレー部のキャプテンとなり、素晴らしいチームが出来上がりました。そしてコーチは本郷俊介先生が引き受けることになりました。でもこの本郷先生、実はバレーに対しては全くの素人でした。

大学時代は野球部に入っていたことも有り、自分のスポーツ経験から独自の考え方でこずえ達を指導するようになりました。野球とバレーボールでは、内容も全然違いますし、第一バレーを知らない本郷先生にとって、これは凄く難しい課題とも言えます。

でも富士見学園は、優秀生徒の集まりばかりでしたので、本郷先生は果たしてそれでいいのだろうか?と疑問を抱きます。他の先生の「スポーツはただのアクセサリーにしか過ぎない。」の一言で、本郷先生はバレー部を強いチームにしてみせようと決心します。

でも本当なら、バレーのことを知らない先生がコーチを引き受けるのはどうかと思いました。中高生のクラブには、必ず顧問の先生が監督をしていましたが、ちゃんと担当するスポーツの知識はありました。いくらアニメとはいえ、本郷先生がどうやってバレーの知識を身に付けたのかは全くもって不明です。

コーチ就任の頃は色々バレー部に、ゴタゴタが起こり、一度は本郷先生にコーチを辞めてもらおうと言った荒れた事件が発生しました。バレーの知識に関して全く素人の本郷先生の最初の苦悩でもありました。

それはバレー部員たちが「コーチなしでも十分自分たちでやっていける!」と言った自信があったからです。

でもよその中学と練習試合をしてみて、完敗したことで選手たちが気づいたのはチームワークの大切さとコーチの存在。やはり指導するコーチがいないとチームはやっていけないことをこずえ達は改めて知ることになります。

ここで本郷先生は正式にコーチに復帰し、厳しい特訓を始めます。

本郷先生は確かに厳しくて、鬼みたいなところがありますが、実はとても選手思いの優しいコーチでもあったのです。1人1人に対して時には厳しく、そして隠れた愛情を注ぐ男性だったのです。

それに選手たちの得意・不得意な所をよく見ており、苦手分野を克服できるように訓練させるなどとてもバレー素人コーチとは思えません。何処でそんなにバレーの知識を覚えたのでしょうか?アニメではそんな場面はありませんでしたが、やはり元野球選手だったことも有り、何かしら独自開発させたのでしょう。

全国中学バレー試合から、こずえ達と本郷先生の絆はどんどん固まっていき、本当に一心同体になっていきました。そしてこずえ達も本郷先生を心から信頼するようになり、また本郷先生も選手たちを大切に思い、信頼を厚くさせて行きました。

そして試合では選手たちがピンチになっても、常に冷静であり、次の作戦を指示するなど本当にこずえ達のかけがえのないコーチとしての存在になっていきました。

アニメのストーリーが進むにつれ、本郷先生のコーチとしての活躍ぶりが実に見事に描かれていることが分かります。